個人事業主だと帳簿を付けていると絶対に出てくるのが、

 

事業主貸事業主借 という勘定科目。

 

個人事業主特有のものです。

意味をしっかり理解しましょう。

スポンサードリンク

 

 

個人事業主は事業用と家事用の支払いを完全に分けることは難しい

 

例えば自宅が職場であれば

家賃、電気代、プロバイダ料金などは

仕事でも使うしプライベートでも使うものなので

使用頻度に合わせ按分して経費にします。

 

となるとどちらか100%には決してならないのです。

 

 

仮に事業用のお金で生活費(家賃や電気代など)を支払ったとしたら

家事分の代金を事業主が立て替えた(=貸した)ということになりますね。

これを 事業主貸 と言います。

事業用口座から生活費1万円を引き出した

事業主貸 普通預金
10000 10000

 

逆に家事用のお金で経費を支払ったり、

事業のお金が少なくなってきたので個人の預金から移した場合などは

事業主が個人に立て替えて貰った(=借りた)ということになりますね。

これを 事業主借 と言います。

家事口座から現金10万円を事業口座に入金した

普通預金 事業主借
100000 100000

 

家事用クレジットカードから事業用の書籍代5000円が引き落とされた

新聞図書費 事業主借
5000 5000

 

 

ややこしいクレジットカードの取り扱い

 

①事業用クレジットカードで事業の経費を支払った場合

まずは未払い金扱いにして実際に引き落とされたら

普通預金から未払い金が支払われた

と言う感じで未払い金を消します。

 

②家事用クレジットカードで事業用の経費を支払った場合

振替伝票で(どちらでも良いです)購入日に「事業主借」扱いにします。