個人事業主になると

 

良いこともあるし

大変なこともあります。

スポンサードリンク

 

 

 

個人事業主のメリット

 

自分のやりたい仕事が出来る

時間に縛られない

自宅を職場にも出来る

頑張ったら大きく稼げる可能性がある

歳を取っても仕事が出来る(定年がない)

 

などといった面があります。

 

これは私自身が痛感しています。

 

 

自分のやりたいこと(向いている)仕事で

自宅を職場にして

頑張ったら大きく稼げる。

年齢も気にしなくていい。

 

 

私のような独身女性なら

「年齢を気にしなくていい」というのは有難いですし、

「自宅が職場」などは独身に限らず

結婚してる女性、子供がいる女性など

通勤が無くなると助かりますよね。

 

 

自宅を職場に出来るか

 

 

というのは業種にもよるので一概には言えないですが、

私などは人を雇わず

パソコンに向かって黙々と作業する仕事ですので、

自宅を職場にするのも簡単でした。

 

 

でもその分デメリットももちろんあります。

 

 

個人事業主のデメリット

 

収入の保証がない

業種によっては準備金や店舗が必要

いろいろな手続きがある(手間が掛かる)

暫く赤字になる可能性がある

 

などです。

 

会社勤めではないのですから、

頑張らないとお金にはなりませんよね。

報酬に関してはシビアです。><

 

それに店舗を必要とする業種なら

店舗を借りる資金、道具の購入代金といった先行投資、

人を雇うならスタッフのお給料と言ったものも発生してきます。

 

 

いろいろな届け出もありますし、

それらも自分でやるなら

本来勤め人ならしなくていい作業も増えます。

 

 

しかし何と言っても一番のデメリットは

 

収入の保証が一切ないこと

 

ですね。^^;

頑張ればその分成果に反映するでしょうが、

ヘタしたら赤字続きになってしまう可能性もあるのです。

 

 

でも個人事業の全てが多額の先行投資が必要

と言うわけでは無いのです。

 

 

私のようにインターネット関連のお仕事であれば

自宅を職場にすることも可能だし、

先行投資する金額や毎月の経費も多くは掛かりません。

 

 

ということは業種によっては

思ったほど大ごとではないと言えるのです。