今年で青色申告も2回目です。

無事に申告完了しました。

 

何せ確定申告は年に1回のことなので

メモを取っておいても2回目までは少々戸惑う事もあると思います。

ですから本当にスムーズに行えるのは3回目からかなと思います。^^;

スポンサードリンク

 

 

自分で青色申告をしていて思う事は、

帳簿付けは申告直前にまとめてやらないで

月末とかスケジュールを決めて定期的に付けて行くと後が楽!ということ、

会計ソフトは必須 ということです。

 

私は簿記2級を持っていて企業勤務時代に実務経験もありましたが、

帳簿付けはやはり会計ソフトでしたし、

だから大人数の会計処理も出来たのですが

全てを手作業でやるのは転記ミスの恐れもあるし

作業も大変だろうなと思うのです。

 

でも会計ソフトがあることで日々の帳簿をしっかり付けていれば

集計や決算書も簡単に作れてしまうのです。

簿記の知識が無くても会計ソフトがあれば帳簿も付けられるし

青色申告も問題なく完了するということですね。

 

 

家計簿的に帳簿を付けて行くだけであれば

エクセルなど使って自作の帳簿でも全然OKだと思うのですが、

青色申告であれば決算書も作りますし、

手動だと帳簿から先の作業があるので知識も必要になってくるし、

適当に処理することが出来ないので

何より転記ミスで数字が合わなくなることが怖いです。

 

だから私は次も会計ソフトのやよいの青色申告を使います。

140130_1351

 

マニュアルやHPのQ&Aも充実していて、

有料サポートを利用しなくても操作が出来ます。

 

無料のお試し版もあるので、

会計ソフトとはどういうものなのかを知りたい方にもおすすめです。

>> まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら