個人事業主といってもお仕事内容は様々なので

使用する勘定科目も変わってくるとは思いますが、

良くある仕分けを具体的に挙げて行きたいと思います。

 

これらの具体例に目を通すことでどんな内容がどの項目になるのか、

仕分けの基礎&決まりが分かってくると思います。

スポンサードリンク

 

普通預金から小口現金に現金10000円を充当した

借方 金額 貸方 金額
小口現金 10000 普通預金 10000

資産から資産にお金が流れた(保管場所が変わった)というイメージです。

 

小口現金のお金1000円で事務用品を購入した

借方 金額 貸方 金額
事務用品費 1000 小口現金 1000

借方に増えたもの、貸方に減ったもの、左右の金額は等しくなります。

 

 

サーバー代金12000円を口座引き落としで支払った

借方 金額 貸方 金額
通信費 12000 普通預金 12000

 

 

書籍を1000円で購入しクレジットカードで支払った

借方 金額 貸方 金額
新聞図書費 1000 未払金 1000

 

借方 金額 貸方 金額
未払金 1000 普通預金 1000

クレジットカードは後日引き落とされるため、

支払いがリアルタイムではありませんので未払金扱いになります。

支払いが発生した日と実際に引き落としがあった日と記載します。

 

 

仕事の売上5000円が発生した

売掛帳に入力

借方 金額 貸方  金額
売掛金 5000 売上高 5000

報酬が発生しただけで実際にまだ支払われていません。

売掛金は未払いになっている入ってくる予定のお金を請求出来る権利という意味です。

報酬の発生日が売掛金の日付になります。

 

 

後日売掛金5000円が振込手数料315円を差し引いて口座に振り込まれた

売掛帳に入力

借方 金額 貸方 金額
普通預金 4685 売掛金 5000
支払い手数料 315

振込手数料が差し引かれる場合が結構あるので、

振り込まれた金額だけを載せると借方と貸方で金額が合わなくなりますので、

忘れずに支払い手数料を記載して左右の金額を合わせましょう。

 

 

事業用口座に利子100円が付いた

預金出納帳に入力

借方 金額 貸方 金額
普通預金 100 事業主借 100

預金の利息は事業主借で処理します。

 

 

家事用クレジットカードで事業用の事務用品1000円を購入した

借方 金額 貸方  金額
事務用品費 5000 事業主借 5000

事業主が5000円借りたという感覚になります。

 

 

事業用クレジットカードで事務用品1000円と家事用の日用品1000円を購入した

借方 金額 貸方  金額
事務用品 1000 未払金 1000

購入した日に記載するのは事業で購入した事務用品だけ。

借方 金額 貸方 金額
未払金 1000 普通預金 1000
事業主貸 1000 普通預金 1000

実際の引き落とし日に事業主が家事用に1000円貸した、

という感覚で家事用の購入品を付けます。

 

 

ここで 事業主借、事業主貸 というキーワードが出て来ました。

出来るだけ使わない方が処理が楽なのですが、

個人事業主の場合は事業主借、事業主貸という勘定科目は

切っても切り離せないものになります。

これらの項目については別記事で詳細を説明します。