e-Taxで青色申告するには電子証明が必要です。

でもこの電子証明には有効期限というものがありまして、

期限が切れると使えませんから事前の更新手続きも忘れないようにしましょう。

更新の際は役所に赴かないといけないので都合もあるでしょう。

早め早めの手続きが安心です。

 

スポンサードリンク

 

 

通常の電子証明の有効期限は3年、個人番号カードは5年

 

有効期限切れが近づくと大体の自治体は事前に書面でお知らせをくれます。

手続きについては各地方自治体によって差があるかも知れませんが、

私の管轄の自治体の場合は

 

・新たに発行が始まる「個人番号カード」を申請し電子証明を新規発行する

・既存の住民基本台帳を利用して電子証明を更新する

 

の2通りの方法があります。

個人番号カードの方にすると有効期限は5年と長いですが

新規のものだから申請が殺到することも予想されるので

申請時期によっては交付が青色申告時期に間に合わなくなることもありますから

更新する方が簡単で確実ですね。

 

更新手続きの際には必要なものもありますので、

各担当課に問い合わせしてからの方が確実です。

当日は暗証番号の確認もあるので忘れないように覚える・メモするなどしないと、

既定の回数間違えるとロックが掛かりますので

こちらも合わせて用意しておきましょう。